小型犬はなぜ人気?小型犬の特徴、性格、飼いやすさをご紹介

ペットとして人気の高い犬。さまざまな種類の犬がいますが、その中でも特に人気が高いのが小型犬です。
なぜ小型犬は大きな人気を集めているのでしょうか。
そこで、今回は小型犬の特徴や性格、飼いやすさ、メリット・デメリットなどを詳しくご紹介します。
また、小型犬を飼育する上で事前に知っておきたい注意点なども併せて解説します。

小型犬とは

小型犬とは、小柄な犬を総称する呼び方です。
「小型」という部分に明確な定義があるのかというと、実はしっかり決まっているわけではありません。
日本ではおおまかに10kg未満の犬を小型犬に分類することが多いようです。
ただし、共通の認識はなく、小型犬と中型犬どちらに分類されるかまちまちの犬種なども存在します。
なお、小型犬よりコンパクトなサイズの犬として、4kg未満の超小型犬なども存在します。

小さいので飼いやすいことが人気の理由の1つ

小さいので飼いやすいことが人気の理由の1つ

小型犬が人気を集めている大きな理由は、飼いやすいからです。体が小さいので行動の制御などがしやすく、飼い主が扱いやすいという点は小型犬の特徴と言えます。
外で犬を散歩させているのはよく見られますが、大型犬より小型犬の方が多いと感じることはないでしょうか。
日本では小型・中型・大型犬のうち、最も多く飼われているのは小型犬と言われています。

小型犬の中でも特に人気のある種類

ここでは、小型犬の中でも特に人気のある種類をピックアップしてご紹介します。

トイプードル
人気の小型犬ランキングなどで上位常連なのがトイプードルです。くるくるふわふわな巻き毛、くりくりした瞳、まるでぬいぐるみのような愛らしさが魅力です。さまざまなカットを楽しむ飼い主も多く見られます。人懐っこく友好的な性格で、人間や他の犬などと仲良くするのが得意です。

ミニチュアダックスフンド
短めの足や長めの胴など愛嬌のある体型が特徴的なミニチュアダックスフンドも人気の犬種です。長い鼻先・アーモンドアイ・垂れた耳もトレードマークです。元々狩猟犬ですのでハンティングに耐えうる筋肉質な体をしており、小型犬の中では比較的足腰が強い方です。なお、「スムース」「ロング」「ワイヤー」と毛の長さによって種類が分かれており、それぞれ性格の傾向も異なります。毛の短いスムースは活発で好奇心旺盛、毛の長いロングは穏やか、ごわごわとした毛のワイヤーは気が強いなどの傾向があります。

チワワ
華奢な体と大きな瞳がキュートなチワワは世界最小の犬です。見た目の可愛らしさはもちろん、家の中を走り回るだけで十分運動になるため、飼育しやすいことなども人気の理由です。なお、非常に賢い性格で飼い主に対して忠誠心が強いことも特徴です。警戒心も大きいため、よく知らない人に対しては厳しい態度を取りますが、飼い主には真っ直ぐな愛情を向けてくれます。

パピヨン
耳の形が羽を広げた蝶のようであることからその名がついた小型犬です。長い飾り毛が優雅で高級感もあり、中世ヨーロッパにおいては多くの貴族に愛された歴史を持ちます。賢く言うことを聞きやすい性格で、子犬の頃からしっかりしつけをすることにより、さらに飼育しやすくなるでしょう。また、活発で愛情深い面もあり、飼い主と遊ぶことが大好きです。

ポメラニアン
ふわふわの体毛や目鼻が真ん中に配置された可愛らしい顔立ちなどから根強い人気を誇る犬種です。好奇心旺盛かつ活発な性格で、飼い主によくなつきます。また、忠誠心も強いのでしつけがしやすい面もあるでしょう。毛並みのボリューム感があり、カットで印象を変えられることも魅力の1つです。毛を短めに切りそろえた柴犬カットなどもよく見られます。

柴犬
他の日本犬のイメージに混ざって、柴犬を大きな犬だと考えている人もいるかもしれませんが、柴犬は小型犬です。愛嬌のある表情や活発で人懐っこい性格など魅力が多く、大きな人気を得ています。また、賢く忠誠心に厚いことも特徴です。体は筋肉質でがっしりしており、病気にもかかりにくい傾向にあることから、小型犬の中でも丈夫な種類として知られています。

小型犬のメリット・デメリット

小型犬のメリット・デメリット

人気の高い小型犬にも、飼育する上のメリット・デメリット両方があります。ここでは、それぞれの内容を具体的に見ていきましょう。

小型犬のメリット
小型犬の特徴であり、最大のメリットは前述した人気の理由でもある飼いやすさです。この飼いやすさとはどういった部分なのか、もう少し詳しく見てみましょう。まず1つ目は、飼育スペースを取りやすいことです。小型犬は体が小さいため、そこまで広い居住スペースがなくても十分飼育が可能です。中型・大型犬は体を動かせるような広々とした空間が必要ですが、小型犬ならそれほど広い面積は必要としません。例えば、集合住宅など間取りや広さに制限がある住まいでも飼育しやすいでしょう。

また体が小さいため、エサなどが比較的少なくて済むことも飼いやすさにつながっています。エサ代や備品代、消耗品代、医療費など、ペットの飼育は何かとお金がかかるものです。エサ代が少なく済むなら、その分他のところにお金をかけてあげることもできるでしょう。また、小型犬は抱っこしやすいこともメリットの1つです。例えば、散歩に行った際、途中で犬が立ち止まって動かなくなってしまう場合もあります。そのようなとき、気軽な抱っこが難しい大型犬などは犬に歩いてもらうしかありませんが、小型犬なら飼い主が抱っこしてそのまま散歩したり、家に連れ帰ることも可能です。そのほか、排泄物の量が少なく掃除などの世話がしやすいこと、シャンプー・トリミングといったお手入れにかかる時間が短く済むことなどもメリットと言えます。なお、中型・大型犬と比べて小型犬は寿命が長い傾向にあります。愛犬とはできる限り長く一緒に過ごしたいと思う飼い主さんが多いでしょう。長く生きやすい小型犬は一緒に大切な時間を紡いでいけるため、これも大きなメリットと言えます。

小型犬のデメリット
小型犬のデメリットとして、まず挙げられるのは性格面です。具体的に言うと、やや臆病な犬が多く見られます。これは自分より体の大きな生物が多いため、怯えがちだということも要因になっています。臆病であるがゆえ、自分より大きな犬に吠えかかったり、無駄吠えで苦労することがあります。無駄吠えをしつけるのは簡単なことではありません。もちろん犬によって個体差はありますが、なかなかしつけが上手くいかない場合もあります。根気よくしつける必要があるでしょう。そのほか、小型犬は臆病な性格から飼い主に依存する犬も少なくありません。依存が強いと、留守にする際などなかなか飼い主から離れようとしない場合もあります。また、小型犬は体が小さいことから骨や関節などが中型・大型犬と比較して華奢です。そのため、小さなきっかけでケガなどをすることがあるため、この点も飼い主が気を付けなければいけません。例えば、ちょっとした段差から降りた時に骨折や脱臼が発生するなどのケースもあります。

前もって知っておこう!小型犬を飼う上での注意ポイント

犬を適切に飼育するため前もって知り、準備などをしておくべきことがあります。最後に、小型犬を飼う上で注意すべきことをご紹介します。

小さい頃からしつけをする
デメリットの部分でも触れた通り、小型犬の性格にはやや臆病な傾向が見られ、これが無駄吠えなどにつながる可能性があります。散歩のたびにすれ違う人や他の犬に吠える、自宅に誰かが訪れるたび吠える、このような無駄吠えが多いと飼い主も疲弊してしまいます。無駄吠えなどの問題行動を防ぐためには、小さい頃からしつけをしっかりすることが大切です。もしなかなかスムーズに進まなくても仕方ないと投げ出さず、根気強くしつけを続けましょう。

散歩にしっかり連れて行く
小型犬は中型・大型犬と比べて体が小さいため、運動量も少なく済むということはご紹介しました。しかし、だからと言って全く散歩が必要ないというわけではありません。例えば、外に出てさまざまなものを見たり、聞いたり、嗅いだり、触れることは犬にとって良い刺激になります。また、他の人や犬などに出会うことも大切です。これらの経験により、犬の社会性が育まれていくからです。なお、適度な散歩はストレス解消にもつながります。大体30分くらいを目安に毎日散歩を行うようにしましょう。

ケガに注意を払って過ごしやすい環境を作る
小型犬は日常のささいな行動でもケガにつながりやすいですので、特に注意が必要です。例えば、ソファの上から床に飛び降りるなどの行動は特に問題が無いように見えますが、骨や関節が弱い小型犬は骨折などのケガをする恐れがあります。また、他の犬とのケンカが原因で大ケガをすることも考えられます。また、体が小さいため、足元にいることに気付かずに飼い主が体を踏んでしまい、ケガがするケースもたびたび見られます。

このようなケガを防ぐためには、ケガが起こりにくい環境を整えることが大切です。例としては、ソファや階段の下にクッションになるようなものを設置し、家の中の段差をできる限り少なくするなどです。また、小型犬がジャンプすると足腰に負担がかかってケガのリスクが高くなりますので、ジャンプしにくい工夫をするのも良いでしょう。天井がないケージは中で犬がジャンプする可能性がありますので、天井付のものにしたり、必要に応じて天井部分に布をかけたり、ジャンプしないような環境を整えましょう。また、しつけや飼い主自身の意識も大切です。高いところから下に降りないこと、むやみにジャンプしないことなど犬に直接言い聞かせることはできませんが、少しずつしつけて教えることは可能です。また、犬を踏んでしまう事故などは飼い主の注意が不十分であることが原因です。大事な愛犬にケガをさせないよう、犬の行動にしっかり気を配り、自分の行動に注意することも大切です。

小型犬の特性や飼育の注意点を知って愛犬と豊かな生活を送ろう

小型犬は、小柄で愛くるしい雰囲気や飼育のしやすさなどから大きな人気を集めています。ただ、飼育する上で注意すべき点などもあるため、飼う前に飼育時のイメージを固め、事前準備をしっかり行うことが大切です。活発で人懐っこい性格が多い小型犬は、きっと素敵なパートナーになってくれるでしょう。ぜひこの記事を参考に、小型犬に対する知識を深め、飼育を検討してみましょう。そして、愛犬と豊かな生活を送りましょう。

amazonpay 送料無料 新規会員登録キャンペーン gracedogの強み

2024年5月

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2024年6月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

※赤色の日は休業日のため、ご注文は可能ですが、発送作業は翌営業日以降の対応となります。